薬指を見る度に蘇る思い出【手作り婚約指輪で相手の気持ちを奪う】

男女

オリジナルのエンゲージを

指輪

ダイヤだけじゃない

婚約指輪を手作りしようと思ったけど何かれすればいいのだろう。プロのジュエリーデザイナーであればリングのデザインを描いて職人に型を作ってもらって後に商品にとして販売することも出来ます。しかし、一般の方ではそうはきません。一般のかたがまず考えることは婚約指輪にどんな石を選ぶかでしょう。一般的にダイヤを選ぶ方が多いですが何もそれに限る必要はありません。誕生石がルビーやサファイアであればそれを選ぶのも良いですし、彼女が好きな色の石でも全然構わないのです。しかもダイヤ以外だからといって作るのが難しいということもありません。むしろ予算的にも余裕が出たりするので色々アイディアの出し方が広がると思います。では逆に気を付けなければいけないことは何かを伝えていきましょう。

目的を明確に

婚約指輪を手作りする上で気を付けることは必ず相手の好みや理想を把握する必要があることです。リングのデザインや石の色などは好みが分かれるので好みをしっかりと確認してから手作りしないと気に入ってもらえない可能性があります。また、ダイヤ以外の石だとただのプレゼントと勘違いされてしまうことがあるかもしれません。そのため、好きな色や普段付けているような指輪のデザイン等、リサーチを必ずするようにしてください。そこでさりげなく相手に何かあるのかなと思わせるのも大事なのです。相手の女性にそれとわかりやすい物を選ぶならルビー、サファイア、エメラルドは有名な石なので婚約指輪のデザインにもピッタリの石となっています。婚約指輪の手作りをする時はそういう物を選ぶのも選択肢の1つであるということを知っておいてください。